HOME プロフィール 議会報告 区政報告ニュース 区民とともに
(横山区議の歩み)
リンク e-mail
横山幸次がブログ開設、下記のアドレスをクリックして下さい
http://jcp.yokoyama-kugi.com/
※ツイッターでも時々つぶやいています。


 日本共産党荒川区議・横山幸次のホームページへようこそ
 東日本大震災復興支援、原発ゼロ、憲法を政治と暮らしにいかします
いのち・くらし守る「福祉・防災最優先の区政へ」がんばります




横山幸次が見聞きした荒川区にまつわる最新情報と更新情報のお知らせです。
(画像はクリックすると拡大表示されます)

荒川区議会の議長、各委員会などの配置が決まりました
2015/06/01
 5月26日、荒川区議会・開会会議が開かれました。会期は、来年4月28日まで年間を通じたものになります。この日は、区議会議員選挙後はじめての開会日で、議長・副議長の選挙を行いました。また、常設の常任委員会と必要に応じて設置する特別委員会については、下表のようになりました。横山幸次区議は、久々に福祉・区民委員となりました。医療、介護、福祉、区民生活全般に直接関わる問題を審議するだけにいっそう緊張感を持ち、みなさんの切実な声をしっかり聞きながらがんばります。また、毎年「一身上の理由」で与党内で交替を繰り返す正副議長のあり方改善など議会改革も追求していきます。
横山幸次区議は、福祉・区民委員会、震災対策調査特別委員会、議会運営委員会の担当になりました。


老朽施設「長寿命化」の行方…総合スポーツセンターの対応も緊急
2015/06/01
 4月9日にスポーツセンターのプールの壁面ガラスの抑え金具が天井部分で腐食し落下しました。以来プール利用が中止されて、早くも2か月近くたちます。(プールの壁面ガラスの柱を止めているL字金具が落下。)昨年は、給排水管の破損でプールが2日間ほど使えなかったことがありました。今回は長引きそうです。
多くのみなさんから早く利用開始をとご要望が寄せられています。
 5月15日に修繕工事の入札を行い事業者を決定。工事契約は、予定では6月26日までに完了し、7月初旬開設を目指しています。ただ、工事が順調にいってもこの日程では夏休み直前になりそうです。想定外のことが起きるとさらに利用再開が遅れる可能性も指摘されています。
 安全性を確保しながらも急いで利用できるように、要請しました。毎月、プール利用者は、教室とフリー合わせると15,000人。プールが中止だと一階ホールも閑散として、指定管理者も収入がなく深刻です。
 スポーツセンターは、築30年、バリアフリーやエレベーターが狭小だったり、観覧席がないなど新しい施設と比較するといろいろ課題があります。非常発電装置の取り換え工事、夜間蓄熱式冷房装置などの改修なども続きます。
 今回の応急的対応と合わせて、建物の長寿命化などの検討も合わせて行う時期に来ています。


小中学校の児童、生徒数と学級規模…学校選択制や特別教室のあり方は…!?
2015/05/15
少人数学級への移行を見越した教育環境整備が大きな課題です

 今年の小学校入学者数は、1,495人で前年比46人増。町屋地域は、四峡19人、五峡10人、七峡21人合計50名増加。大門小は3人減。全学年でも、全区で135人増で8,423人。区域外就学者数は、252人(16・8%)昨年比59人減。
 中学校の新一年生は1,082人で前年比30人増。町屋地域では、原中14人、五中3人増加。全区的には、3,286人で昨年より1名増ですが学級は2増。区域外通学は255人(23・5%)で32人増。
 毎年の増減は、学校選択制によるもので教育の課題も見えてきます。@学校選択制によって次年度の学校規模が定まらないA児童生徒が増加した場合、普通教室に不足が生じ特別教室などを転用するB特別教室の教育的役割が損なわれるなど教育上の大きな問題が生じます。同時に35人学級、将来の30人学級への移行に対応できません。欧米では、20人学級規模が標準です。少人数学級が学力向上や不登校の減少など大きな効果が実証されています。少人数学級編成を前提にした教育環境整備と学校選択制の見直しが必要ではないでしょうか。
 みなさんのご意見をお寄せください。


今年1月から3月の区内景況は、区内全業種で円安が打撃に
2015/05/01
仕入れ価格上昇、利益率低下などくっきり
融資や補助金、ネットワークづくりなど支援を期待

 今年1〜3月の荒川区景況速報がでました。
 全体として大企業の利益を優先する安倍政権の経済政策「アベノミクス」が地方経済を衰退させている実態が色濃く表れています。
 業況判断IDは、全業種でマイナス41%と依然として悪化したままです。また、売上げ減少が53・6%にものぼっています。
 特に目立ったのが、円安の影響です。円安が好ましくないが全業種で41・2%ですが、小売りと製造業では、50%を超えています。具体的影響では、仕入価格上昇、利益率低下、資金繰りが厳しいなどあげられ、ここでも製造業と小売業が大きな影響を受けていることが示されています(上グラフ参照)。
 充実して欲しい施策では、融資・補助金等が50%を超え、次いで事業者のネットワークづくりです。
 区として「住宅リフォーム助成」などの経済効果の高い補助制度など実施に踏み切るべきです。またネットワークづくりでは、ものづくり支援の専門職員の増員など必要です。


5月末に開会会議開催予定…民主的で公正な議会運営を
2015/05/01
「公正」「毎年交替しない」「適切な人選」を前提に
議長は全会派一致できる人を第一会派から…


 改選後初の区議会は、会期を決定する開会会議、そこで議長、副議長の選出、議会選出の監査委員、委員会と各委員長など決めます。
 議長については、民主的で公正な運営、毎年交替する「たらい回し」を止めることなど前提に、第一会派から適切な人選を行い全会派が一致できるようにすべきです。また、副議長や議会選出の監査委員なども会派人数に基づく公正な基準を決めて選出すべきです。共産党と公明党は同数の第2党ですが、これまでは副議長や議会運営委員会副委員長は、公明党が独占してきました。
 政策・主張は違って当然ですが、議会運営は、民主的、公正に行うことが必要です。


横山ニュースの更新
2015/04/15
今年の横山ニュースをまとめて更新します。ぜひご覧ください。(下線部分をクリックしてください)

2015年1月号外 憲法を暮らしと政治に生かし区民の暮らし最優先の区政を
http://www.yokoyama-kugi.com/news_2015-01gougai.pdf
No.561-15.01.11 区の新年度予算編成は…?介護、子育てなど負担軽減を
http://www.yokoyama-kugi.com/news561_2015-0111.pdf
2015年1月2号外 区民の暮らし、福祉、営業を守り住み続けることの出来る荒川区へ
http://www.yokoyama-kugi.com/news_2015-01(2)gougai.pdf
No.562-15.01.18 1月14日、共産党区議団が316項目の予算要望を提出
http://www.yokoyama-kugi.com/news562_2015-0118.pdf
No.563-15.02.01 新年度保育園一次申し込み状況…一歳児など引き続き深刻です
http://www.yokoyama-kugi.com/news563_2015-0201.pdf
No.564-15.02.08 荒川区が新年度予算を発表
http://www.yokoyama-kugi.com/news564_2015-0208.pdf
No.565-15.02.15 横山区議が2月本会議で質問…震災対策、子ども貧困、産業振興
http://www.yokoyama-kugi.com/news565_2015-0215.pdf
No.566-15.02.22 区内商業実態調査を発表、多くが消費税転嫁できず…
http://www.yokoyama-kugi.com/news566_2015-0222.pdf
2015年3月号外 震災対策、子ども貧困、産業振興…荒川区政の重要課題について質問
http://www.yokoyama-kugi.com/news_2015-03gougai.pdf
No.567-15.03.01 小規模企業振興基本法の理念を生かし区内の中小事業者支援の抜本的強化を
http://www.yokoyama-kugi.com/news567_2015-0301.pdf
No.568-15.03.15 今年の保育園申し込み327人が不承諾…
http://www.yokoyama-kugi.com/news568_2015-0315.pdf
No.569-15.03.22 ゴミ減量目標は達成できるのか?生活の転換とともにゴミ発生抑制を
http://www.yokoyama-kugi.com/news569_2015-0322.pdf
2015年4月号外 自治体の役割は「住民福祉の増進」そこから区政と地域の課題がみえてきます
http://www.yokoyama-kugi.com/news_2015-04gougai.pdf
No.570-15.03.29 区立小中の教育環境整備と少人数学級そして学校選択制
http://www.yokoyama-kugi.com/news570_2015-0329.pdf
No.571-15.04.12 命守る「防災・福祉のまちづくり」は住民と医療・福祉を繋ぐネットワーク構築で
http://www.yokoyama-kugi.com/news571_2015-0412.pdf


横山ニュース552、553、号外10月号をアップしました。
2014/10/08
下のアドレスをクリックするとニュースのpdfにリンクします。ぜひご覧下さい。
No.552 四峡小・七峡小などで実施予定の放課後総合プランで何が変わるの?
http://www.yokoyama-kugi.com/news552_2014-0928.pdf
No.553 荒川2丁目複合施設…総事業費が87億円超!?
http://www.yokoyama-kugi.com/news553_2014-1005.pdf
2014年10月号外 隅田川の堤防耐震工事が遅れています
http://www.yokoyama-kugi.com/news_2014-10gougai.pdf


四峡小、七峡小などで「放課後総合プラン」実施へ
2014/09/19
保育に欠ける児童」の生活の場・学童クラブは維持すべきです

来年度から子ども子育て支援新制度が実施予定。荒川区は、学童保育クラブと全児童放課後対策の「にこにこすくーる」を合体させる「総合プラン」事業を検討しています。
 放課後総合プランでは…
@学童クラブは、開所時間を7時までに延長(朝は変更なし)。学童クラブの負担は、保育料4000円とおやつ代1500円。6時以降利用は、月1000円を予定。
Aにこにこすくーるは、5時まで(既実施は6時まで)。
 来年度、四峡小、七峡小、二瑞小で実施し、さらに広げることを計画しています。
 保護者からは、勤務時間も長くなり、学童保育の時間延長の要望が出されています。計画では「総合プラン」導入の3校だけ夕方7時まで延長。他の学童クラブは、延長無しのようです。
 「経費削減」目的で学童クラブと「にこにこすくーる」を一体化し学童クラブを解消する意見が議会の与党会派から出ています。しかし保育に欠ける児童の生活の場である学童クラブは維持すべきです。
 施設の拡充も課題
 また来年度から学童クラブは、法律で対象が6年生までとなります。特に4年生は、継続希望者が約4割に上っているようです。区では、全クラブではなく、拠点クラブを決めて受け入れるとしています。しかし本来各クラブの拡充で対応すべきです。「財政効率で安上がり」ではなく、子ども達に最善の環境を…。


横山ニュースをアップしました
2014/09/14
 540号から550号、6・7月号外をまとめてアップしました。ぜひご覧ください!
 なお表題の下にあるアドレスをクリックするとpdfが開きます。
550号 尾竹橋公園から下流500m間のカミソリ堤防の耐震化工事が開始へ
http://www.yokoyama-kugi.com/news550_2014-0914.pdf
549号 暮らし最優先の区政執行を…区民の声をまっすぐ届けます
http://www.yokoyama-kugi.com/news549_2014-0907.pdf
548号 区内製造業実態調査からみた「ものづくり」再生への支援策は…
http://www.yokoyama-kugi.com/news548_2014-0831.pdf
547号 尾久の原公園・東尾久運動場など…ダイオキシン類対策工事計画が決定
http://www.yokoyama-kugi.com/news547_2014-0824.pdf
546号 子どもの貧困率が16.3%に増加…「子ども貧困対策法」の具体化が急がれます
http://www.yokoyama-kugi.com/news546_2014-0810.pdf
545号 幼稚園の保育料補助が多子世帯で対象を拡充へ
http://www.yokoyama-kugi.com/news545_2014-0727.pdf
544号 来年度から荒川区の学童クラブはどうなる
http://www.yokoyama-kugi.com/news544_2014-0713.pdf
2014年6.7月号外 大地震から命と財産を守るための震災対策・防災まちづくりこそ最優先
http://www.yokoyama-kugi.com/news_2014-06-07gougai.pdf
543号 消費税増税から3ヶ月で暮らしは?生活直撃“もう削る物ない”……
http://www.yokoyama-kugi.com/news543_2014-0706.pdf
542号 介護・医療、子育て支援、産業振興などくらし最優先の
http://www.yokoyama-kugi.com/news542_2014-0629.pdf
541号 医療・介護総合法で介護サービス削減!老後の安心は?…区の役割が重要に
http://www.yokoyama-kugi.com/news541_2014-0622.pdf
540号 区の複合施設建設工事契約が2回目も全社辞退で入札「不調」
http://www.yokoyama-kugi.com/news540_2014-0615.pdf


子どもの貧困や学力格差の解決は…やはり教育費公費負担拡大など優先して
2013/12/11
☆本会議で横山区議が行った主な質問の要旨などお伝えします。


子育て世代の収入減と増税など厳しさが増す中
就学援助基準を緩和するなど経済的支援の強化を

 子どもの貧困は、経済的困窮が大本にあります。そのため安定した雇用、所得引き上げとともに、直接的支援として教育費の負担軽減などが重要です。この間子育て世帯は、所得減に加えて扶養控除廃止、保険料値上げなどの負担増が直撃。義務教育は、授業料と教科書が無償ですが、実際の家庭負担は、小学生で年8万円〜9万円、中学生では13万円〜14万円に上ります。また入学時の制服代や体操服、部活の費用なども大変な負担です。税や保険料、医療費など考慮すると生活保護基準を上回るには、保護費の1.4倍以上の収入が必要。そこで区としての経済的支援を強化するため、当面就学援助を保護基準の1.4倍まで引き上げるなど負担軽減対策の強化が必要です。

   【教材費の内容】
漢字ノート・ドリル・テスト・ファイル・書き初め用紙・算数セット・朝顔セット調理実習費・社会科見学費・演劇鑑賞・移動教室・生徒手帳…など

荒川区の教育の最優先課題は少人数学級を展望した学校整備では…

 荒川区の教育の優先課題は何でしょうか。タブレットパソコンの全児童生徒への配備でしょうか。ここが今問われています。
 一方、いま深刻なことは、例えば、学区域の学齢簿の半分の受け入れ規模しかない日暮里地域の中学校問題もそのひとつです。私立などで出て行くから良しとすることでよいのでしょうか。これはやはり、緊急に解決すべき問題です。荒川区の子どもは、荒川区の学校で充実した教育環境のもとで学べる条件整備を急ぐべきです。少人数学級への移行は、当然の流れです。これを展望した施設整備が最優先ではないでしょうか。実際、35人学級になった場合、諏訪台中はじめパンクする学校が何校も出てきます。この解決こそ急がなければなりません。教育の優先課題の見直しがやはり必要です。


教育委員会の独立性はなぜ必要か…戦前の反省から教育を権力支配から守るため

タブレットPC…教育委員会での教育的議論は?
区長の発案と予算付けによって導入された結果

 安倍内閣は、政府見解の記述を教科書検定の条件にするなど権力の教育介入強化や教育委員会の独立性を弱め首長の下に組み込む方向などを打ち出しています。そもそも教育委員会は1948年、戦前の軍国主義教育の反省に立ち、教育行政を首長の一般行政から独立させ、教育を権力支配から守る制度として発足しました。その後徐々に「形骸化」が進んだとはいえ、首長から独立した教育委員会としての仕組は残っています。今後、教育委員会の権限強化や教育長の専門職化などそ必要なのです。
 だからこそ教育の新規事業導入に際して、教育委員会での教育的議論を前提とすべきです。タブレットパソコンの全児童生徒への導入方針について、今年度の予算で提案される以前、教育委員会での議論があったか確認しましたが、ないようです。教育委員会の会議録では、タブレットパソコンの質疑は、今年1月の予算説明、9月の三定質問内容についての説明の2回しか見あたりません。
 結局タブレットPC導入が区長の政策判断として予算化されたことによって、教育委員会での十分な教育的議論が阻害されたのではないでしょうか。それで本当によいのか、事実関係も含めて教育委員会の認識をただしました。しかし区教委は、「教育委員会も了承した」など答弁しましたが、どういった議論でいつ決めたか示すことは出来ませんでした。



前ページTOPページ次ページ

 ※NEXTをクリックすると過去の記事へ遡れます。


あなたは人目のお客様です。



本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載等につきましては、事前に連絡を下さるようお願い致します。
日本共産党
荒川区議
 横山幸次  事務所  東京都荒川区町屋5-3-5 / TEL 03-3895-0504
荒川区役所 03-3802-4627(日本共産党荒川区議団・直通)
Copyright (c) 2008日本共産党荒川区議 横山幸次 All Rights Reserved.
- Topics Board -